レナードの朝のあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

レナードの朝

作品名 レナードの朝
監督 ペニー・マーシャル
主演 ロバート・デ・ニーロ
公開時期 1991年4月5日
あらすじ 慢性の神経病により寝たきりのレナードの元にマルコム・セイヤーという医師が訪れる。元々が研究者であり、臨床経験のないセイヤー医師だが、誠実に患者に向き合っていた。彼のお陰で少しずつ症状を改善させていく患者たち。そして新薬の投与によって、さらなる回復を見込んだ彼は、レナードの母親に話を持ち掛ける。
新薬の効果で劇的に症状を改善させたレナードは病院の外に出られるまで回復するが、ある切っ掛けで症状は悪化してしまう。

 

この映画の見どころ

寝たきりのレナードが新薬の投与によって体が動かせるようになり、自我が目覚め、恋をして、徐々に寝たきりに戻るという刹那的な役柄をロバート・デ・ニーロがドキュメンタリーのように丁寧に演じました。希望と絶望の間で恋をしたレナードが「もう会うのは最後にしたいんだと」と告げるシーンの背中の演技は言葉になりませんでした。

 

愛知県/30代/男性 

 

パーキンソン病から奇跡的復帰した患者と医師の入場にまずは感動しました。結局回復はつかの間、患者は元の状態に戻っていくわけですが、自分自身の病状を今後の医学に役立ててほしいと考える姿にも心打たれました。医学の進歩はこのような出来事の繰り返しだと改めて感じた作品です。

 

兵庫県、40代、男性

さらにレビューを読む
後半部分は悲しいシーンが多いのですが、全体的に人の優しさやぬくもりを感じて心温まるストーリーがいっぱいで感動する、とても良い映画です。そんな映画の良さを引き出してくれるのはロビンウィリアムスとロバートデニーロの二人です。普段から好きな俳優さんですが、この映画での二人の演技は本当に素晴らしいです。

沖縄/50代/女性

さらにレビューを読む
薬の投与により、重病患者のロバート・デ・ニーロ演じるレナードが目覚め回復の時を迎え、喜びの表情が期待に満ちた映画の始まりのようでした。目覚めたレナードが恋をし、友情を育み、ハッピーエンドを期待しましたが、徐々に悪化して元の状態に戻るのがあまりに悲しくて涙が止まらない映画で、泣きたい人におすすめです。

愛媛県/50代/女性

さらにレビューを読む
この映画で、嗜眠性脳炎のことを初めて知りました。薬の機能によって目覚ましく患者の症状が回復し、普通の生活に戻れるのだ!という希望が見えたあとで、症状がどんどん悪化していく絶望感。そんな絶望の中でも生き抜いていこうとするレナードの姿がとても印象的でした。
10代の頃見ましたが、主人公役のロバート・デ・ニーロは、本当に病気を患っているのでは?と思うくらい、リアルなレナードを生きていました。

東京都/40代/女性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました