ベイブのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

ベイブ

作品名 ベイブ
監督 クリス・ヌーナン
主演 リーアム・ニーソン
公開時期 1994年2月18日
あらすじ 牧羊を営む男のもとにやってきた「体重当てコンテス ト」の景品としてやってきた豚のベイブが主役。男はベイブの能力 を買い、牧羊犬ならぬ牧羊豚にしようと奮闘するとい うストーリー。理不尽や蔑み対してもひたむきなベイブの姿が笑いと涙を誘う。

 

この映画の見どころ・みんなのレビュー

食用の為に育てられた子豚のベイブを主人公とした動物映画です。パッケージの見た目の割りに内容はわりとシビアな感じというか人間が生きるためには家畜という存在は必要不可欠ですが、そこにスポットを充てる事でもの凄く罪悪感が生まれます。ただ、最終的には美談で終わるハッピーエンドなので安心して見られます。

神奈川県/20代男性

もともと食用としての景品だった子豚のベイブが、牧羊犬の代わりに仕事をするようになったという展開は面白かったです。子豚のベイブは見た目も可愛らしいですし、このベイブが色々な種類の動物と会話をしたり、努力をする姿は応援したくなっちゃいました。ユーモアも多く最後は感動をしたので、家族向けの作品でしょう。

 

埼玉県/30代/男性

さらにレビューを読む
ブタが主人公な作品は、当時としては無かったと思います。ベイブの可愛らしさが印象的ですが、以外にシビアなストーリーなところもあるので、思わず涙が出てしまいます。動物映画が有名になった作品だと思います。子供と楽しめる点も良かったです。沖縄県/40代/男性
さらにレビューを読む
ベイブが可愛い…とくに動物好きじゃない人でも、きっとそう思うはず。牧羊犬ならぬ、牧羊豚として認められるよう頑張るベイブと、理解ある仲間の姿は、純粋に応援したくなります。当時、CG技術が高く評価され賞を獲りましたが、キャラクターの愛らしさと、夢に向かってひたむきに生きる姿は、いま見ても良質な作品だと思います。
さらにレビューを読む
本作品の面白いところは主人公がベイブという豚であるということにあります。ペットや家畜が外界に出るという話であれば、豚にする必要はありません。豚は人類の品種改良によってイノシシから牙が取れた生物であるため、そもそも外界に存在しない異質な存在もしくは温室育ちの象徴として描かれています。異質な存在が普段と変わらない日常に投じられた際に、周囲は最初違和感を感じますが、それすらも日常として受け入れてしまう様が描かれている点が面白いです。東京都/30代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました