バックドラフトのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

バックドラフト

作品名 バックドラフト
監督 ロン・ハワード
主演 ウィリアム・ボールドウィン
公開時期 1991年7月6日
あらすじ 同僚をかばい殉職した消防士の父を持つブライアン。成長した彼は優秀な兄スティーブンに劣等感を感じながらも、消防士として経験や訓練を積んでいくも、やがて兄との差を思い知り離職する。その後、ブライアンは火災専門の捜査官リムゲイルの元で助手として、連続放火事件を追い始める。優秀な兄と殉職した父の背中を見ながら葛藤と共に成長していく主人公が見どころ。

 

この映画の見どころ

火の怖さを思い知った作品です。映像や音響に迫力があるので、より怖く感じました。サスペンス要素もあるので、見ごたえがある作品だと思います。主人公が成長していくシーンは人間味があって感動できます。30年ぐらい前の作品ですが、今見ても面白い名作だと思います。

 

沖縄県/40代/男性

 

この映画は兄弟の人間ドラマとしても非常に面白い作品ですが、なんと言っても演出に一番の見所があります。消防士のお仕事と言えば火災現場での消火活動。なんと、この映画では非常に危険な火災をCGではなく、実際に火をを放ち撮影しているのです。本物の炎だからこその役者達の演技、緊迫感は他の映画にはない演出です。

 

大阪府/20代/男性

 

さらにレビューを読む
バックドラフトは90年代の消防士が主人公の映画では一番有名でしょう。この映画のおかげで、バックドラフトと言う火災現象を知ったと言う人はものすごく多いと思います。また火災におけるアクションシーンだけではなく、推理パートでのどんでん返しもあり考えながらみると楽しいと思います。

東京都/30代/女性

さらにレビューを読む
兄と弟のストーリーものは、涙腺が弱くなっている私には大変な映画でした。消防士の業務の大変さ、人が成長する様子に、ジーンと来ます。それぞれ複雑な事情を抱えて生きていく姿に、人生経験を重ねてきた世代は感動するしかない感じでしょう。

兵庫県/50代/男性[/su_spoiler]

さらにレビューを読む
バックドラフトというと火災(バックドラフト)の恐怖に立ち向かう消防士の活躍を描いた物語のイメージがあります。しかし、実はこの映画、一連の放火を企てた意外な真犯人を追うサスペンスだったりします。主人公のカート・ラッセルの渋みのある演技はさすがです。サスペンスものが好きな人はぜひ見ておきたい作品です。

東京都/40代/男性

さらにレビューを読む
火災のシーンが迫力満点でドキドキさせられましたし、家族愛と友情が描かれているのですごく感動しました。その後、ユニバーサルスタジオでこの映画がテーマになった乗り物に乗りましたが、この映画のことを思い出してスリル満点でした。消防士さんはやっぱりカッコ良いし素敵だと思う映画で、ロマンスも感じました。

沖縄/50代/女性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました