バックトゥザフューチャー3のあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

バックトゥザフューチャー3

作品名 バックトゥザフューチャー3
監督 ロバート・ゼメキス
主演 マイケル・J・フォックス
公開時期 1990年7月6日
あらすじ 落雷に遭い、ドクは1885年に飛ばされてしまった所から話は始まる。デロリアンが壊れ、1955年から動けないでいるマーティは、ドクを助けるためにデロリアンを修理し、またタイムトラベルをすることになる。

 

この映画の見どころ・みんなのレビュー

タイムマシンの役割を果たすデロリアンが壊れてしまい、ドクとマーティーがあえなくなる日々。バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズの最高の場面だと私が思うのはドクがマーティーに対し「君たちも良い未来を作りたまえ」と言う一言です。

兵庫県/40代/男性

 

シリーズものってどんどん駄作になってしまいますが、こちらはしっかりしたラストとなっています。ドクとマーティの掛け合いもしっかり楽しめますし。一番印象深いシーンはやはり、未来に帰ってきたデロリアンが…という所ですね。その続きが気になった方はどうぞ見てください。

 

北海道/30代/男性

さらにレビューを読む
バックトゥーザフューチャー3は西部劇の時代が舞台なので1や2と違った展開になっていてすごく面白かったです。印象的だったのが、3でまさかのドクに恋人ができたことには驚きました。しかも西部劇の時代の中で。3ではついにドクもマーティーのようにハッピーエンドになって良かったと思う展開でした。子供と大人一緒に見ても楽しめる映画だと思います。
東京都/30代/女性
さらにレビューを読む
人気シリーズの第3弾。前作の2から話がつながっているので、見ていない人は1,2、3の順番で見ることをお勧めする。ロバート・ゼメキス監督とスティーブン・スピルバーグ監督がタッグを組んだ、娯楽映画のお手本のような作品。スッキリ爽快なラストだが、続編を見たいというモヤモヤは残るかもしれない。
さらにレビューを読む
今回はドクが中心となってマーティとともに活躍しますが、ドクがクララと恋に落ちる場面がロマンチックで素敵でした。一度はクララに「未来に帰る」と別れを告げてしまいますが、クララが窮地に陥ったとき、マーティのホバーボードを使ってクララを救出するシーンはすごくかっこ良かったです。愛知県/40代/男性

さらにレビューを読む
本作の舞台は西部開拓時代のアメリカなのですが、さすがに設定に無理があると思いました。デロリアンの修理、蒸気機関車をブーストさせるための薪、ついにはタイムマシンまで作ってしまうなど19世紀の科学水準では無理なものばかり。そんな中ラストにドクとクララが子供を引き連れ現代を訪れるシーンがほっこりしました。東京都/40代/男性

 

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました