美女と野獣のあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

美女と野獣

作品名 美女と野獣
監督 ゲーリー・トゥルースデイル

カーク・ワイズ

主演 ペイジ・オハラ
公開時期 1992年
あらすじ 森の奥深くの城に住む傲慢な王子が、魔女によって野獣の姿に変えられてしまう。人の内面による美しさを知り、「真実の愛」を見つけなければ解けない呪いを受けて絶望する野獣。長い月日が流れ、誰からも忘れられた城に町娘ベルが訪れる。彼女は野獣の粗暴な振舞いに始めは辟易していたが、一緒に暮らすうちに彼の中にある優しさに気が付いていく。「人を見た眼で判断するな」という教訓をファンタジーとして描くディズニー・ルネサンスの代表作。

 

この映画の見どころ

美女と野獣は実写版よりもアニメ版の方が好きです。
当時としては最先端のCGを使ったダンスシーンがすごく印象に残ります。ヴィランズとしてのガストンは、良いキャラクターだなと思います。普通だったら強くてたくましくて、人気もあるガストンに心を惹かれてしまうかもしれないなとも思ってしまいます。

大阪/30代/女性

 

実写化でも話題となった作品ですが、アニメーション作品としても当時クオリティが高く人気の高い作品でした。真実の愛を探し出すというディズニーアニメの王道ストーリーではあるものの、登場キャラクターが個性的なものばかりで物語を彩っています。特に好きなシーンは魔法が解けた後の城の住人達の喜ぶ姿です。

 

兵庫県/30代/女性

さらにレビューを読む
ベルが少しずつ野獣に心を開いていって、そこから野獣もベルに心を開いていく
2人の距離がだんだんと近づいていくところはとても素敵です。あと歌も良い曲が多いですね。「Belle(朝の風景)」や「Something there(愛の芽生え)」が特に気に入っています。最後はハッピーエンドで野獣も元の姿に戻って幸せな気分になれます。

大阪府/30代/女性

さらにレビューを読む
ありがちな王子様と女の子のラブストーリーですが、お城の使用人達がロウソクやポットなどになっていて二人を応援するところはどの年代が見てもハラハラしたり一緒に応援したくなる部分だと思います。印象的なシーンとしてはやはり二人がダンスをするシーンですね。ポット婦人の歌と映像の壮大さが感じられて好きです。

宮城県/40代/女性

さらにレビューを読む
感動的なラブストーリーでした。自分を犠牲にするまで、相手の願いを叶えてあげるところは一番感動的でした。特に最後のシーンで、怪獣が死んだと思い、主人公の女の子が泣いているところは、画面を通しても悲しさを伝わってきます。本物の愛情は見た目ではなく、心であるということもしみじみに思うようになってきました。恋を夢に見る人にオススメです。

静岡県/30代/女性

さらにレビューを読む
野獣が小鳥にエサをやるシーンでベルとイチャイチャ?しているところが、なんか可愛いらしく、本当は優しいんだと感じさせてくれるので好きなシーンです。作品中での歌や踊りのシーンが多く、お子様と見ても楽しめると思いました。

北海道/30代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました