ボディーガードのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

ボディーガード

作品名 ボディガード
監督 ミック・ジャクソン
主演 ケビン・コスナー
公開時期 1993年3月6日
あらすじ 歌手兼女優のトップスター、レイチェルに殺害予告が来 たことからボディガードであるフランクに依頼が来た。 暗殺をもくろむ犯人は誰なのか。危険をともにするうちに惹かれ 合う2人。ホイットニーヒューストンの名曲がより一層の感情移入を誘う

 

この映画の見どころ・みんなのレビュー

ホイットニー・ヒューストン演ずる歌手のレイチェルが、ケビン・コスナー演ずるフランクにボディーガードを依頼する物語です。主題歌の「オールウェイズ・ラヴ・ユー」は圧倒的な歌唱力で、この物語を盛り上げてます。フランクのアクションがとても格好良くスカっとしました。二人のラブロマンスは、最後まで爽やかでした。

 

広島県/60代/男性

若き日のケビンコスナーと歌姫ホイットニーヒューストンの名作ラブストーリーです。ミステリー要素を含み、要所にあるアクションも見ごたえがあります。ラストシーンで流れる「オールウェイズラブユー」と主役二人の再会シーンので何度泣いたことか…。若い世代にも見てもらいたい至高の名作です。

 

愛知県/40代/男性

さらにレビューを読む
歌手役のホイットニー・ヒューストンを護るべく雇われたボディーガードがケビン・コスナー。無口で不愛想な古武士の様な彼が、とにかくカッコいい。ホイットニーの高音のうつくしい歌声が、映画のタイトルを聞くだけで蘇ってくる。千葉県/60代/男性
さらにレビューを読む
映画ボディガードの一番印象的だったシーンは,やはり最後にケビンコスナーがホイットニーヒューストンを抱きかかえて守り抜くシーンです。心にぐっとくるものがありました。高飛車に振る舞うシンガーという役がホイットニーに適役で,そこからケビンコスナーに心を開いていく心の変化が絶妙でした。寡黙で多くを話さないが優しく男らしい男性が好みの女性にとてもおすすめの映画です
さらにレビューを読む
見どころは、ホイットニーのボディーガードであるケビン・コスナーがめちゃくちゃカッコイイということです!ホイットニー・ヒューストンを守る姿に惚れ惚れしてしまいます。そして有名な曲「I will always love you」が絶妙なタイミングで流れます。ドラマチックな胸キュン映画です!大阪府/40代/女性
さらにレビューを読む
寡黙なボディーガードを務めるケビン・コスナーがとにかくかっこいい映画だったと思います。今でも頻繁に使われるあのBGM。自分の身を投げ出してまで使命を全うし愛を貫こうとする。雨の中での最後のクライマックスシーンは名作にふさわしいものだったと思います。兵庫県/40代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました