バッファロー66のあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

バッファロー66

作品名 バッファロー66
監督 ヴィンセント・ギャロ
主演 ヴィンセント・ギャロ
公開時期 1999年7月3日
あらすじ 刑期を終えて故郷へ帰る主人公ビリーと、彼が両親についた嘘に巻き込まれ、フィアンセのふりを強要される少女レイラが繰り広げる人間ドラマ。愛情を受けずに育ったビリーの孤独を癒そうとするレイラだが、ビリーが故郷に帰ってきた本当の理由までは知らなかった。見終わる頃には不器用なダメ人間、ビリーに何故か共感してしまう作品。更には劇中の選び抜かれたプレグレシブロックもこの映画の個性を際立たせている。

 

この映画の見どころ

ヴィンセント・ギャロとクリスティーナ・リッチの魅力がギュッと詰まった愛すべき映画です。個人的には最も好きなラブロマンス作品の一つです。全編通して映像も美しく、BGMも印象的かつ特徴的です。ボウリング場のシーンはノスタルジックかつクール、どんでん返しの可愛らしいラストシーンにはニヤリとさせられます。

埼玉県/30代/男性

 

洋楽ロック好きにはお馴染の作品が本作「バッファロー66」です。個性派俳優・ヴィンセントギャロが醸し出す中年の悲哀が何とも言えない魅力があり、そこに若きクリスティーナ・リッチの大人と少女の中間ぐらいのバランスでの色恋物語が何とも言えません。ハリウッドの超大作とは真逆の低予算作品ですが、なぜか心から離れないそんな作品です。

 

茨城県/40代/男性

さらにレビューを読む
ビリーは「ダメだ生きられない」って絶望していたけど、可愛い女の子に愛されるから最高に素敵!ビリーは両親に結婚して政府の仕事をしていると大嘘ついたりしたけど、上手に切り抜けていく姿もすごいなぁ〜と思う。

神奈川県/40代/女性

さらにレビューを読む
男性の内面を上手く描いている作品だと思います。この作品を見て、自分もそうかも知れないと思った人は多いと思います。映像の演出もトリッキーで斬新さを感じます。笑える要素もあったりと、イメージよりも奥深い作品だと思います。生きていくうえで、あらためて恋愛は大事だなと思いました。
さらにレビューを読む
この映画のキャッチコピーは『最悪な俺に、とびきりの天使がやってきた!』ストーリーはその通り、生まれた時からついてない男ビリーが主人公なのですが観ているうちに段々と感情移入してきます。そしてレイラが天使みたいに可愛い!そして良い子。ちょっと都合良すぎるかな?と妬いてしまうような映画です。

京都府/30代/女性

さらにレビューを読む
主演のヴィンセント・ギャロの魅力が溢れた映画だと思います。特に奇抜なストーリーではありませんが、主人公ビリーのダメ男ぶりが妙にリアリティがあって惹きつけられます。ヴィンセント・ギャロって実はこんな人なのでは?と想像してしまいました。もう20年以上前に制作された映画ですが、今の10代、20代の人におすすめです。

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました