クリフハンガーのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

クリフハンガー

作品名 クリフハンガー
監督 レニー・ハーリン
主演 シルヴェスター・スタローン
公開時期 1993年12月/4日
あらすじ 親友の恋人を助けられなかった罪悪感で山岳救助隊の職を離れたゲイブ。元同僚で恋人のジェシーの説得を受けかつての親友ハルと救助活動へ向かう。しかし救助要請を出したのは空輸中の現金を盗んだ強盗犯だった。同乗していたFBIの抵抗で金を紛失した犯人は土地勘ある救助隊を利用する。雪山でのアクションシーンは勿論だが、紙幣を書置きのメモや暖を取る焚火として使うしかない、強烈な自然に対する金の力の矮小さを表現する場面が見所。

 

この映画の見どころ

今の映画のようにCGなどを使っていないので、大迫力が直に伝わって来ます。断崖絶壁の雪山での銃撃戦やクライミング、氷の池の中を泳ぐシーンなど、どれだけ命張ってるんだと、主演のスタローンや他の出演者の役者魂を感じました。最後まで手に汗握る展開で一時も目を離せません。本物のアクション映画を観たい人にぜひお勧めしたいです。

奈良県/40代/男性

 

シルベスター・スタローンの主演した作品の中でもロツキー1、ランボー1の次に好きな作品です。山の中でのアクション・シーン、危機に次ぐ危機、アドレナリンがほとばしる刺激的なストーリー山男の再生をかけた戦いに心が震える。スタローンの演技力は不当に評価されているが、特に評論家どもに、何を言われてもスタローンはスタローンでいいのだ。アクション映画好きなら誰にでもおすすめ。

 

宮城県/60代/男性

 

さらにレビューを読む
この映画は序盤から衝撃的なシーンがあっても当時は、かなり衝撃的でした。シルべスタスタローンが演じるゲイブが、同僚のハルの恋人であったサラの救出に失敗をしてサラが命を落とすシーンは今でも悲しいシーンです。ただしこのシーンがあることで、この映画がより引き立ちます。最後はゲイブとハルが友の絆を再び取り戻すところに感動しました。

千葉県/40代/男性

さらにレビューを読む
心に傷を負った山岳レスキュー隊員が、山で悪党集団と戦うというシンプルなストーリーです。ただしロッキー山脈を舞台にした事で、大自然の雄大さを映像美としてたっぷり楽しむ事が出来ます。しかも最初から最後まで次々に危機的状況に陥りながらも、己の肉体とスキルで乗り切る主人公の姿は圧巻です。手に汗握るアクション映画好きなら、観ておきたい作品と言えます。

千葉県/40代/男性

さらにレビューを読む
シルベスタ-・スタローンと言えば、あの鍛え上げられた肉体を自然にさらけ出せる、暑い環境下で熱く闘うイメージが有りますよね。しかし、この作品では、今までにないロッキー山脈と言う、高地の極寒環境が活躍の場となります。緊迫の展開が連続する氷壁シーンを筆頭に一見の価値ありの作品です。

神奈川県/60代/男性

さらにレビューを読む
よくあるシルベスタ・スタローンのアクションものです。強盗した飛行機の爆破シーンがなぜかかっこよく見えてしまいました。あと、ジョン・リスゴーが悪役だったのが驚きでした。悪役もやるんだ、と思ってしまいました。個人的にはスタローン演じるゲイブよりもタッカーの方がかっこ良かったです。

東京都/40代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました