クールランニングのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

クールランニング

作品名 クールランニング
監督 ジョン・タートルトーブ
主演 レオン
公開時期 1994年2月19日
あらすじ 1988年冬季オリンピック、ボブスレー競技に初出場したジャマイカチームを元にした作品。雪の降らない本国でまともな練習も出来ず、他国選手に侮辱され各国メディアからも冷やかしを受けながらも、他の競技でそれぞれ挫折を味わったジャマイカの選手たちが、ボブスレー競技に夢を見るまでを描いた映画。

 

この映画の見どころ

心が温まるスポーツコメディ作品だと思います。個性豊かな選手とコーチの絡みがコミカルで、お腹をかかけて笑えます。もちろん、実話をもとに制作しているので、スポーツ映画としても見ごたえがあります。ジャマイカが好きになる映画です。

沖縄県/40代/男性

 

陸上で五輪を目指していたジャマイカの陸上選手は選考会で転倒し出場を逃す。そんな彼が目をつけたのはなんとボブスレー。冷凍庫に入り訓練を重ね五輪に出場する。結果は残念だったが、彼らの検討をたたえ拍手をで称えた。コミカルで、実話を元にした感動作。2018平昌五輪に日本製のボブスレーで出場した点も話題に。

 

兵庫県/40代/男性

さらにレビューを読む
まず、ボブスレーと言うスポーツを有名にしたのは映画だと記憶しています。雪や氷と関係のないジャマイカの黒人選手たちがボブスレーに乗ってハッスルする姿は笑うしかありません。世界の子供たちに工夫と努力でスポーツは上達することを知ってもらうためにちょうど良い作品だと思います。

兵庫県/40代/男性

さらにレビューを読む
実はあまり期待しないでみたら、とっても面白かったです。愉快、痛快、爽快といった感じです。さすがディズニー作品だと思いました。個性豊かな人物たちがいます。なにか面白い映画はないかという日があればまよわずこの作品をすすめます。

東京都/30代/女性

さらにレビューを読む
この映画はタイトルに反して熱い男たちの友情が描かれた映画でした!序盤はお国柄もあってかなりユニークに理解していきます。しかしジャマイカと言えばレベルミュージックも有名な闘争の歴史もあります。後半の逆境を跳ね返す男たちの戦いに着目してください。

東京都/30代/女性

さらにレビューを読む
なかなかスポーツ映画の中では描かれてこなかったボブスレーを主題して取り上げていたのは、当時少し奇抜に感じましたが、反面ストーリー展開はまさにスポーツ映画の王道とゆう感じで、私としてはとても見やすく、面白い作品でした。この映画を見たのは20年くらい前だったと思いますが、ジャマイカいちのボブスレーチームというフレーズは今でも覚えていて、感動とやる気を与えてくれる思い出のスポーツ映画です。

富山県/30代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました