ディープインパクトのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

ディープインパクト

作品名 ディープインパクト
監督 ミミ・レダー
主演 ロバート・デュヴァル
公開時期 1998年6月20日
あらすじ 高校の天文部に入っている冴えない高校生リオが、彗星を見つけることから物語は始まる。ウルフ・ピーダーマン彗星と名づけられたそれは地球に衝突する大型のものであることが分かる。アメリカとロシア政府は核爆弾で彗星を破壊するという合同作戦「メサイア」計画を発表した。単純なパニック映画とは異なる、世界的な危機の中で繰り広げられるヒューマンドラマが見どころ。

 

この映画の見どころ

彗星や宇宙の映像のスケールが大きくて引き込まれましたし、描かれているヒューマンストーリーが感動的でとても良い映画だと思います。リアリティーがある描写がされていたので、感情移入し過ぎて号泣したシーンもいくつもあります。見終わった後には色んなことを考えさせられました。

沖縄/50代/女性

 

隕石が衝突する系の映画ではアルマゲドンがありますが、ディープインパクトはアルマゲドンよりも、人間の人生に対する想いや人類滅亡を受け入れどのような最後を過ごすかなど、非常に深い意味を持った良い映画だと思いました。クライマックスでイライジャ・ウッドが恋人と隕石を眺めるシーンがとても爽やかで感動しました。

沖縄県/20代/男性

さらにレビューを読む
全体的に暗い映画ですが、その分、リアルに描かれている作品だと思います。人類規模のストーリーですが、どうしてもアメリカ中心になってしまうので、少し無理があるかなと思います。それでも、終盤からラストシーンにかけての見せ方は上手いと思います。最後には泣ける映画です。

沖縄県/40代/男性

さらにレビューを読む
ディープインパクトと聞くとアルマゲドンと間違えがちですが内容は全く異なります。こちらは人間模様が描かれたドラマ的な要素が強くなっています。もちろん結末も大きく異なっています。マイナーな俳優が多いのですが、逆にそのことが余計な思い込みを無くしています。ヒューマンドラマとして見ておきたい作品です。

東京都/40代/男性

さらにレビューを読む
地球に巨大隕石が衝突するまでを描いた、いわゆるパニックモノの映画ですが、隕石衝突に至るまでのストーリー展開に家族愛をメインテーマとして挟み込み、単なる娯楽映画にとどまらない、ヒューマンドラマになっていて見ごたえがありました。

北海道/40代/男性[/su_spoiler]

さらにレビューを読む
彗星や宇宙の映像のスケールが大きくて引き込まれましたし、描かれているヒューマンストーリーが感動的でとても良い映画だと思います。リアリティーがある描写がされていたので、感情移入し過ぎて号泣したシーンもいくつもあります。見終わった後には色んなことを考えさせられました。

沖縄/50代/女性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました