フィフスエレメントのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

フィフスエレメント

作品名 フィフスエレメント
監督 リュック・ベッソン
主演 ブルース・ウィリス
公開時期 1997年9月13日
あらすじ 23世紀、人類は宇宙にまで進出するも、邪悪な小惑星 「ミスター・シャドー」によって地球滅亡の危機を迎え ていた。そんな時元宇宙連邦特殊部隊員のコーベンが、 空から落ちてきた謎の美女リールーとともに立ち上が り冒険を始めていく。

 

この映画の見どころ・みんなのレビュー

人を選ぶ作品ではあると思います。複雑な設定や世界観を理解しようと追っかけている内にストーリーは進んでいき、気づけばエンディングって感じになるので、一度見ただけでは全てを理解する事は難しいです。しかし、映像の迫力もありますし、ちゃんと映画を読み解いていけば楽しめる作品なので二度、三度見るべき映画です。

 

神奈川県/20代/男性

なかなかコアなストーリー構成のSF作品だと思います。奇妙な衣装のデザインが今でも印象に残っています。個性が強い作品なので、好き嫌いが分かれるかな?と思います。以外にギャグのシーンが多いので、笑えるところが面白かったです。

沖縄県/40代/男性

さらにレビューを読む
ブルースウィルスが主演を務めていて、宇宙の危機を救う内容。最初は冴えないが以外にもどんどんカッコよく見えてくる不思議な作品。この俳優さんといえば世界一ついてないイメージでお馴染みですが、この作品でも主にミラジョボビッチのせいでひどい目に遭いまくります。日本人としていつもの声がいいので字幕版よりも日本語吹き替え版で観た方が楽しめると思います。奈良県/30代/男性
さらにレビューを読む
ミラ・ジョヴォヴィッチのオレンジヘアーがめちゃくちゃ素敵。そしてなんかエロい。作品の内容は普通のSF、ですが未来の風景映像がめちゃ綺麗、耳に残ってしまう映画の曲が最高です。ミラ・ジョヴォヴィッチを好きな人にも好きでない人にも見てもらいたい。北海道/30代/男性
さらにレビューを読む
地球の未来を握るリールーと偶然彼女と知り合い、興味を抱き最終的には愛することになったタクシー運転手コーベンダラスの物語。ミラジョコビッチが未来の女性を演じ、スターダムにのし上がるきっかけになった作品です。
さらにレビューを読む
世界の要素の中で五つめの要素(フィフス・エレメント)を巡る争いを描くSF映画。フィフス・エレメントであるオレンジ色の髪の美少女リー・ルーが空から落ちてくるシーンが印象的です。壮大な設定の割に軽い調子で、悪役もけっこう間抜けだったりとコミカルなところも多くて楽しく観れる作品です。

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました