ゴーストバスターズ2のあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

ゴーストバスターズ2

作品名 ゴーストバスターズ2
監督 アイヴァン・ライトマン
主演 ビル・マーレイ
公開時期 ※ 1989年11月25日(ほぼ90年代という事で…)
あらすじ 前作で破壊神ゴーザからニューヨークを救ったゴーストバスターズ社。しかし、破壊された街の賠償金や、違法行為の追求のため会社は倒産。メンバー四人はそれぞれ別の道を歩みはじめた。そんな中、謎のスライムがニューヨークに大量発生。その影響で死刑となった犯罪者兄弟がゴーストとして蘇り、更には16世紀の狂人ヴィーゴ大公が肖像画から復活の機会を窺っていた。吹き替え版ではヴィーゴに操られる噛ませ役ヤノシュが無駄に強烈な印象を残していた。

 

この映画の見どころ

1作目が圧倒的すぎて、2作目はちょっと評価が辛くなりがち。でも、同じキャストが勢揃いして再びゴーストに立ち向かう姿を見られるだけでもファンは嬉しい! CG技術も発達して見ごたえもUPしてます。シガニーウィーバーのキスシーンとか、キュンとするシーンも。あの自由の女神が!という発想も斬新で面白いです。

 

東京都/40代/女性

 

CGに頼りすぎずデザインや撮影技術や演技・シナリオで勝負している潔い娯楽映画です。前作で番犬を演じていたメガネの脇役さんが今回はゴーストと戦うシーンがあったり、マシュマロマンではなく自由の女神が街を闊歩したりします。なかなかの迫力でしたよ。コーラとポップコーンをお供に見るのをおすすめします!

 

 神奈川県/40代/男性

 

さらにレビューを読む
ゴーストバスターズが5年前にNYの街を救い、その後の様子は鮮明です。ゴーストのいないニューヨークでの活動ですが、またゴーストが現れるとメンバーが再集結して当時のようにゴーストバスターズが復活するのは楽しいです。

神奈川県/40代/女性

さらにレビューを読む
前作に比べるとどうしても地味な存在になりがちなゴーストバスターズ2、内容もお化け退治という前作と同じコンセプトですが、実は出演者は名優揃いです。ビル・マーレ―、ダン・エイクロイド、シガニー・ウィーバー、ピーター・マクニコルなど錚々たるメンバーです。名優たちのおバカな演技が光る隠れた名作です。

東京都/40代/男性

さらにレビューを読む
音楽が印象的なのがゴーストバスターズだと思います。オスカーがスゴく狙われているし、連れ去られるシーンはドキドキしてしまいました。スライムや、ゴーストであふれかえり、街が無茶苦茶になっているシーンはかなり衝撃的でした。でも、怖いとかそう言う感じがしないので楽しく見れます。

大阪/40代/女性

さらにレビューを読む
ゴーストバスターズの続編ということで、前回のインパクトを求めて観ると少し肩透かしをくらった感があります。けど、こちらのほうが好きな作品です。大袈裟なコメディだけじゃなくて、クスッと笑えるセリフやネタが各所にちりばめてあります。小ネタ探すのが好きな人だとさらに楽しめる映画だと思います。

鹿児島県/40代/女性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました