インディペンデンスデイのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

インディペンデンスデイ

作品名 インデペンデンスデイ
監督 ローランド・エメリッヒ
主演 ウィル・スミス
公開時期 1996年12月07日
あらすじ 1996年7月2日、世界各地の大都市で都市を飲み込むほ どの巨大UFOが現れ、世界中の都市を壊滅へと追い込 んでゆく。反撃を試みるもなかなか効果がない巨大 UFOに対し、人類は決死の反撃を行う。数々の名シーンが生まれたSFアクションの名作。

 

この映画の見どころ・みんなのレビュー

一番の見どころは、酒浸りの変人ラッセルが、命を犠牲にして敵をやっつけるシーンです。こういう、アウトローな人間が本気になって、人々を救うシーンというのは何とも感動を覚えます。個人的には作中で一番好きなキャラです。

 

大阪府/30代/男性

宇宙人に歓迎ムードの人たちがUFOの攻撃によって殺されてしまったシーンが印象に残りました。現実でもアメリカ政府がUFOの存在を公に認めましたし、そんな事を考えながら見るとロマンを感を感じられます。

 

栃木県/30代/男性

さらにレビューを読む
SFの中で初めて絶望感を抱いた作品になります。大型のUFOにホワイトハウスをはじめ、色々な建物が粉々に破壊されるシーンは圧巻です。到底倒せると思えない侵略者への攻略法も見応えがあると思いますし、最後は感動します。北海道/30代/男性

さらにレビューを読む
アメリカ映画にありがちなハッピーエンドにはならないところがこの映画のポイントだと思います。特に戦いを挑み、宇宙に旅立つクルーの中でもウィルスミスの使命感を帯びた表情が非常に印象に残っています。ト兵庫県/40代/男性
さらにレビューを読む

宇宙人の侵略ものの映画は数多くありますが本作品に関しては緊迫感がそれほどなくなぜかドタバタ感が半端ないです。きっと、ウィルスミスとジェフゴールドブラムが出演しているからなのでしう。核ミサイルをぼんやり眺めている母船の宇宙人も何か間抜けでした。家族で楽しめる痛快活劇的な一作だと思います。東京都/40代/男性

さらにレビューを読む
トラックの上で演説する大統領、UFOに突撃するラッセル、最後にタバコを吸うウィル・スミス、20年以上経った今も忘れない名シーンがたくさんある。文句なしの90年代を代表する名作だと思う。ただし最近でた新シリーズはかなり微妙だが…宮城県/30代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました