JFKのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

JFK

作品名 JFK
監督 オリバー・ストーン
主演 ケビン・コスナー
公開時期 1992年3月21日
あらすじ 1963年11月22日、アメリカ大統領ジョン・F・ケネディが銃殺された。直後、過去に何度も奇行を繰り返しているオズワルドという男が容疑者として逮捕される。しかし、その二日後に彼は警察署内で射殺され、事件は再び闇に包まれた。地方検事であるジムは真実を求めてアメリカ政府を相手に立ち上がる。ケネディ暗殺事件を題材にしたミステリー映画。64回アカデミー賞で撮影賞と編集賞を受賞。

 

この映画の見どころ

ケネディは何故殺されたのか?容疑者として捕まったオズワルドは銃の扱いが不慣れで、また暗殺されたことで未だに真相は闇の中にあります。主人公が長年調査の日々にあけくれ、家族をかえりみない様子に妻からはあきれられるが、最後はその想いが届き、懸命に仕事を進める姿を見守るようになります。嫌疑をかけられた人、証言を依頼された人がすごい亡くなり背後にある組織の不気味さを感じられないではいられない作品です。

新潟県/40代/男性

 

オリバー・ストーン監督の妄想しまくり、言ったもん勝ち、作ったもん勝ちの、一種のプロパガンダ作品。力業というか強引というか。映画としては大変面白いのですが、オールスターの俳優陣を使って大袈裟に作り上げた、陰謀論的な私的な作品。俳優たちの演技はとても素晴らしい。特に、トミー・リー・ジョーンズの不気味さを秘めた演技には鳥肌もの。暗殺のシーンは特にカメラ・ワークが素晴らしい。真実はともかく、1級のスリラー映画としては見応え十分。陰謀論好きな人にお勧め。

 

宮城県/60代/男性

さらにレビューを読む
実際にはオズワルドの射撃の腕は一流だし、いわゆる「魔法の銃弾」もケネディとコナリーの位置関係を加味すれば説明はつくのだが…今となってはフェイクニュースじみた陰謀論で成り立つ映画だったとしても、ケヴィン・コスナーの熱っぽい演技は感動的で胸を打たれる。

大阪府/30代/男性

さらにレビューを読む
アメリカのケネディ元大統領の暗殺に関する書籍などを読んだ事がありますが、この映画ではその暗殺に政府が関与していたという設定のストーリー展開で、とても興味深い内容で引き込まれました。そして検事役のケビンコスナーの演技が光っていました。全体的に重厚感があって良い映画だと思います。

沖縄/50代/女性

さらにレビューを読む
表には公表できない政府の黒い闇を扱ったスリリングな展開には目を奪われます。襲いかかる敵と戦うガードマンのアクションも良いです。捕まえた大統領殺人犯も途中でこの世から消えることになり捜査は難航します。調べるほどに謎が膨らむ壮大な事件に迫る展開にドキドキしました。

岡山県/30歳/男性

さらにレビューを読む
とても作り込まれている作品だと思います。有名な8ミリフィルムに焦点をあてて、証拠を集めていくところが意味深で面白いです。当時の捜査能力の限界を感じる所も出ていて、臨場感が伝わってきます。機密資料を公開した後に真実の作品を公開してほしいです。

沖縄県/40代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました