レオンのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

レオン

作品名 レオン
監督 リュック・ベッソン
主演 ジャン・レノ
公開時期 1995年3月25日
あらすじ ある日のニューヨーク。家族を殺されたことで、隣室に住む孤独な殺し屋レオンのもとに転がり込んだ12才の少女マチルダが、家族を殺した相手への復讐を決心する物語。2人の親子のような恋人のような関係性が魅力的な作品だ。

 

この映画の見どころ・みんなのレビュー

この映画の醍醐味は年齢の垣根を越えた主役二人の「真実の愛」にあると言い切れます。主人公レオンの裏の顔は冷徹で腕の良い殺し屋ですが、マチルダに感化され人間らしくなっていく描写が素晴らしいです。
裏切り、愛情、孤独、友情など多くの事を教えてくれる1990年代に生み出されたリュック・ベッソン監督の代表作です。

 

愛知県/40代/ 男性

殺し屋と虐待を受けた少女と言う悲しい出会いがこの物語のメイン。主演を務めるジャンレノがなんといっても優しい中年オヤジでありながら殺し屋と言うギャップが視聴者を惹きつけるのだと思います。最終的にジャンレノは世を去ることになるのですが、残された少女マチルダの最後の行いが感動します。

兵庫県/40代/男性

さらにレビューを読む
映画、レオンを見て「殺し屋」をしている男が暮らすアパートで殺人事件が起き、その家族の女の子がレオンに助けられ、唯一生き残った。何より印象的だったの女の子がレオンに言葉を教え、字を教えている所。最終的にはレオンも殺されてしまいますが、レオンが大切にしていた植物を女の子が植えるシーンが好きです。神奈川県/30代/男性
さらにレビューを読む
作中に挟まれる大人びている少女マチルダと孤独な殺し屋レオンの会話がなんといってもこの映画の魅力です。子供とは思えないマチルダのセリフの一言一言が視聴者を惹きつけます。レオンとマチルダだけではなく、悪役のスタン刑事もぶっ飛んでいて映画の魅力を底上げしています。ストーリーもキャストも最高の映画です。
さらにレビューを読む
レオンは殺し屋と1人の少女の悲劇的なハートフルストーリーが描かれた映画です。もちろん主人公はこの2人なのですが、映画を見た人のほとんどはゲイリー・オールドマンが演じる悪役のスタンの印象が強いと思います。悪役にもかっこよさがあった、ラストを見るとそう言わざるを得ない作品です。東京都/30代/女性

さらにレビューを読む
この映画でジャンレノを知った人も多いだろう。後の大女優ナタリーポートマンも子役ながらその片鱗を見せる。90年代を代表するリュック・ベッソンの名作。まだ見たことのない人は年齢を問わずに見る価値のある映画。宮城県/30代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました