ライオンキングのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

ライオンキング

作品名 ライオンキング
監督 ロジャー・アレーズ

ロブ・ミンコフ

主演 マシュー・ブロデリック
公開時期 1994年7月23日
あらすじ 90年代の「ディズニールネサンス」を築いた作品の一つ。王の息子として生まれたシンバは、叔父であるスカーの裏切りによって、父を殺した罪を被せられ、故郷を追われる。父と故郷を失って失意の先で行き倒れるシンバ。しかしそこで得た二匹の仲間のお陰で過去を忘れ、明るさを取り戻していく。やがて成長したシンバは、偶然故郷から逃げ出してきた幼馴染と出会い、暴君となった叔父から故郷を取り戻すことを決意する。

 

この映画の見どころ

故郷を飛び出し、ラナと再会したのち、夜の湖で父親の記憶が蘇り、自分は自分だと再認識するシーンが印象的でした。誰しも自分の過ちから一度は逃げたくなるもの。これを自分自身と正面から向き合い乗り越え成長を遂げる、一連の人生観を学ぶことができます。大きな壁にぶつかりひるんでしまった方へ、本映画を見て深呼吸することをお勧めします。

 

福島県/30代/男性

 

ストーリーは結構重めですが面白いです。人を選ばず楽しめる作品でファミリー向けだと思います。個人的にはティモンとプンバァと共にシンバが過ごすシーンが好きです。暗かった雰囲気が一気に明るくなります。虫を食べるシーンはちょっとだけ美味しそうって思う程でした。

 

神奈川県/20代/男性

 

さらにレビューを読む
映像と音楽の融合が見事で、大好きな映画です。シンバの成長物語であり、父親の死や故郷からの追放などシビアな内容を織り混ぜながらも、未来に向かっていく姿に胸を打たれます。4歳の子供も好きなので、親子で楽しめる映画だと思います。

埼玉県/30代/女性

さらにレビューを読む
親子愛や友情愛をライオンたちに教わっている教訓アニメのように感じました。日本昔話でいうと猿かに合戦のようなお話に近いですが、サバンナを舞台に野生動物たちが臨場感あふれる動きでとても人間関係模様がリアルに描かれていて感動的でした。曲や歌もすばらしくサウンドトラックがほしくなってきてしまいます。

東京都/30代/女性

さらにレビューを読む
故郷を飛び出し、ラナと再会したのち、夜の湖で父親の記憶が蘇り、自分は自分だと再認識するシーンが印象的でした。誰しも自分の過ちから一度は逃げたくなるもの。これを自分自身と正面から向き合い乗り越え成長を遂げる、一連の人生観を学ぶことができます。大きな壁にぶつかりひるんでしまった方へ、本映画を見て深呼吸することをお勧めします。

福島県/30代/男性

さらにレビューを読む
シンバが落ち込んでしまってもティモンとプンバが歌って気持ちを盛り上げていくところが無意識に口ずさんでしまうぐらいに心に残っています。ディズニーだから歌うのはそうとはいえ、歌が好きな二人と一緒に過ごしたシンバが歌で自分やまわりを奮い立たせるのがとても好きです。この作品を見て笑ったり泣いたりすることですっきりした気持ちになれるので、なんとなく元気がなかったり、ちょっと悲しい気持ちになったりしているときにおすすめです。

鹿児島県/28歳/女性

 

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました