マディソン郡の橋のあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

マディソン郡の橋

作品名 マディソン郡の橋
監督 クリント・イーストウッド
主演 クリント・イーストウッド
公開時期 1995年9月1日
あらすじ 田舎で平凡な生活を送る農場の主婦フランチェスカと、その地を訪れたカメラマン、ロバートの4日間の恋を描いた映画。夫や田舎の男とは異なる雰囲気を持つロバートに惹かれていくフランチェスカ。一緒に街を出ようと誘うロバートだが、家族を捨てることはできないとフランチェスカは断る。月日は流れ、夫に先立たれた彼女はロバートを探し始めるが、彼もまた既に他界していた。彼女が子供たちに残した日記や手紙に残した最後の願いが、4日間の短い恋の激しさを物語る。

 

この映画の見どころ

最後は本当に大号泣でした。どんな人にも大事な夫や家族に言えない秘密というものはあるものですが、この映画の主役の女性ほど愛しくもつらく悲しい思い出はないのでしょうか。やはり愛しい彼が車で去ってしまう所を見る所でしょうか。そして、おなじ恋の痛みを知る女の友人と分かち合うシーンも感動的です。

 

東京都/30代/女性

 

この映画は「不倫」が根本のテーマになっているのでその点に関しては嫌悪感を抱いてしまうのですが、そんな感情を吹き飛ばしてくれるほど主人公の二人(クリントイーストウッドとメリルストリープ)の演技が良かったです。そして年の差や生き方が異なる二人をつい応援したい気持ちで見ましたし、切なくなりました。

沖縄/50代/女性

さらにレビューを読む
「荒野の用心棒」であり「ダーティーハリー」であるタフガイ・クリントイーストウッドが、60代後半となった己を監督の立場で素直に表現した作品と考えられる秀作です。確かに老いを隠せないイーストウッドですが、滲み出る渋さは際立っており、アクションだけでないぞと言う心の声をじっくり楽しめます。

神奈川県/60代/男性

さらにレビューを読む
私はこの作品を視聴したのはまだ20代でした。愛に年齢は関係ないと言うこの作品のテーマはまだまだわからなかった時代ですが今であれば、この作品に込められた想いがよくわかります。歳を経ても美しさが衰えないメリル・ストリープの演技に感動したことを今でも覚えています。

兵庫県/40代/男性

さらにレビューを読む
タイムリーで視聴した時は20代だったので、イマイチと思っていましたが、年齢を重ねてから視聴すると素晴らしい作品だということに気づきました。自分の人生を振り返った時に、本当にこれでいいのか?と考えさせられる作品です。視聴する年代によって感じ方が違うと思いますが、名作だと思います。

沖縄県/40代/男性

さらにレビューを読む
この映画は見る人によって感じ方がすごく変わってくると思います。年代や性別によっても全く違います。それでもラストシーンの橋の上から遺灰を撒く場面はとても感動しました。ここにすべてが詰まっているとも言えます。私はこの映画を40年後に改めてみてみたいと感じました。

大阪府/20代/男性

 

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました