マルコムXのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

マルコムX

作品名 マルコムX
監督 スパイク・リー
主演 デンゼル・ワシントン
公開時期 1993年2月20日
あらすじ 黒人解放運動家のマルコムXの幼少期から1965年に暗殺されるまでを描いた作品。牧師である父を差別主義者の暴行で失ったマルコムは、ニューヨーク、ボストンで窃盗に手を染めて生きていく。やがて逮捕された彼は獄中で黒人解放運動の道を志す。出所した彼は、黒人解放グループと関りを持っていくが、内実を知るうちに彼らの姿勢に疑問を抱いていく。

 

この映画の見どころ

『君に批判するものがいなければ成功者とはいえない』という格言を残した彼の映画を見て、この意味がとてもよく伝わりました。黒人が大統領になったとしてもいまだに現実は差別問題が後をたえません。勇気と希望を感じる作品でした。

 

東京都/30代/女性

 

単なる過激派だと思っていましたが、この作品を視聴してマルコムXの印象が大きく変わりました。黒人解放運動の歴史を知らない人でも分かりやすいストーリー構成だと思います。3時間を超えますが、内容が濃いので短いぐらいに感じます。若い人に見てもらいたい作品です。

 

沖縄県/40代/男性

 

さらにレビューを読む
タイトルにもなっている、本作の主人公であるマルコムが黒人の特徴でもある、縮れた髪の毛をストレートにするシーンから物語は始まるのですが、マルコムの生きた時代の背景がとてもうまく描かれており、一気に引き込まれます。差別と闘ったマルコムが射殺されるシーンはとても悲しく、最後までこの作品を見た人は必ず心を打たれます。個人的にデンゼル・ワシントンの演技がとても上手く、この作品は彼無しでは成り立たなかったと思います。
さらにレビューを読む
自ら差別を受け、白人とも交流も持ちながら、最終的には黒人解放運動を率いていくマルコムX。日本人にはなかなか体験できない人種差別問題について、この作品を通じて生々しく感じることになりました。
過去にこのような課題と戦った方々がいてこそ今の自由の国アメリカがあるのだと思います。

兵庫県/40代/男性

さらにレビューを読む
主人公のマルコムXが、黒人ギャングのリーダー格であったウェスト・インディアン・アーチから数々の悪態を学んで、ボストンで空き巣や泥棒に明け暮れる日々を送るシーンにおいて、窶れてしまった心を彷彿とさせ、可哀想だなと印象に残っています。

愛知県/20代/男性

さらにレビューを読む
実在したマルコムの話を基にした映画ですが、彼がチンピラから黒人の公民権運動家としてアメリカを変えようと成長して行く姿には感動しました。そしてそんなマルコムをデンゼル・ワシントンが上手く演じているので引き込まれました。特に彼が群集の前で演説する姿は素晴らしかったです。

沖縄/50代/女性

 

 

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました