メリーに首ったけのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

メリーに首ったけ

作品名 メリーに首ったけ
監督 ボビー・ファレリー

ピーター・ファレリー

主演 キャメロン・ディアス
公開時期 1999年1月30日
あらすじ 社交性のないテッドは高校時代に、学校のマドンナ的なメリーとデートする幸運に恵まれる。しかし、結果としてデートは中止となりメリーとの付き合いはそれ切りとなってしまう。10年以上が経つも、いまだにメリーのことをあきらめきれずにいたテッドは、探偵のパットを雇い現在のメリーの身辺調査を頼むが、パットもまたメリーに憧れるようになっていた。

 

この映画の見どころ

とにかくキャメロンに惚れてしまう映画です。こんな女性が近くにいたら、ほとんどの男性は恋に落ちると思います。ユーモアのセンスが凄い作品だと思います。当時、映画館では笑いの渦が凄かったです。ストーリーは?と思うところが多々ありますが、それでも気分転換には良い映画だと思います。

 

沖縄県/40代/男性

 

初々しいキャメロン・ディアスが可愛い!!
何といっても…あの有名な”ヘア・ジェル”シーンは必見。彼女のコメディエンヌとしての才能が炸裂しています。ストーリーは”コメディ”! とにかく笑えること請け合いです(だた、バカバカしいシーン満載なのに、ちゃんと感情移入できる点が◎!)1人で頭を空っぽにして笑いたいとき、友達と映画を見ながら馬鹿笑いしたいときなどにピッタリの作品だと思いますよ!! ただし下ネタ満載なので…そこには要注意。

 

愛知県/30代/女性

 

さらにレビューを読む
この映画の最大の魅力は主役のキャメロン・ディアスがとにかく可愛くて素敵だという点です。大きな口で笑う姿がキュートですし、サラッときつめのジョークをいうユーモアセンスも魅力的でした。キャメロン・ディアスのイメージにピッタリで、クスっと笑えるコメディー映画で良かったです。

沖縄/50代/女性

さらにレビューを読む
男というものは、いつまで経っても愚かで、幼くて、未熟である。それが是が非でもものにしたい女性を前にすると。」というのが、スクリーン越しに伝わってきて、見ているこちらも恥ずかしくなります。内容は所謂、中二アメリカンおバカムービーです。

さらにレビューを読む
テッドが有頂天気味になっており、我を忘れかけたのが原因で、大事な男の部分をジッパーに挟んでしまうという、おっちょこちょいぶりを垣間見れるのは、思わずクスっと笑えて、有り得ないよなと思いつつも、憎めない存在のテッドを応援したくなります。

愛知県/20代/男性

さらにレビューを読む
みんな似たような経験があると思いますので、共感できる良い作品だと思います。昔なら下ネタが多いというレッテルを貼られるでしょうが、現代では普通かと思います。特筆すべきは、キャメロンディアスのかわいらしさが素晴らしかったです。

兵庫県/50代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました