虹をつかむ男のあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

虹をつかむ男

作品名 虹をつかむ男
監督 山田洋次
主演 西田敏行
公開時期 1996年12月28日
あらすじ 就活に失敗して全国でバイトをしながら生活費を稼ぐ平山亮は、実家に帰った際に父との口喧嘩ですぐに家を飛び出してしまう。偶然訪れた四国の光町で、オデオン座という古い映画館に足を運ぶ。そこを切り盛りする白銀活男という中年男性と出会い、雇われることになる。活男の映画への熱意や、そこに住む人々との触れ合いで成長していく人情コメディ。

 

この映画の見どころ

何よりも映画が好きな人が,地方の小さな映画館を守り抜くという情熱あふれた映画なので,邦画でも洋画でもとにかく映画が好きな人には観てほしいです。西田敏行,吉岡秀隆,田中裕子の人間味あふれる演技がとても心地良く,笑いの中にも最後はしっかりと泣かせてくれる,日本映画の王道だと思います。

愛知県/40代/女性

渥美清さん追悼映画です。経営度外視で懐かしの名作を上映している小さな町の映画館を舞台に様々な人間模様を描いた作品。「良い映画を作っても心を込めて上映してくれる人がいないとゼロでしかない」というセリフがグッときました。ラストシーンに寅さんが出てきて号泣してしまいました。名作です。

 

愛知県/30代/男性

さらにレビューを読む
寅さん追悼映画かな?と思えるほど豪華な俳優で、昔の映像が懐かしくて心にしんみりきます。山田監督の想いや生きざまがギッシリと詰まった作品だと思います。何だろう、寅さんを無性に見たくなります。日本人の義理人情が出た作品だと思います。

沖縄県/40代/男性

さらにレビューを読む
この映画は大人気だった「男はつらいよ」の渥美清さんの急逝に伴い、その代わりとして制作された映画のようですが私はこの映画の方が好きです。それは主演の西田敏行さんの演技がとても良かったからです。彼の映画への情熱には感動しましたしマドンナにぞっこんで一生懸命だったのにフラれてしまった所は面白かったです。

沖縄/50代/女性

さらにレビューを読む
西田さんの演技は好きなので、なんとか見れましたが、やはり渥美清さんの代わりは誰にも出来ないということを思い知らされる作品です。ストーリーはゴリ押し感が否めないですが、『男はつらいよ』シリーズが好きな方にはまあまあ楽しめるのはないでしょうか。

北海道/30代/男性

さらにレビューを読む
まさかの地元が舞台となた映画で当時かなり興奮&信じられない想いで一杯でした。映画に情熱を注ぐ小さな映画館主、自分探し真っただ中の青年、微妙な立場の未亡人などが織りなす、もどかしくもハートフルなほのぼのした作品です。個人的には、青年(平山亮・吉岡秀隆)と未亡人(八重子・田中裕子)が小高い山の上での甘酸っぱいやり取りが印象的。田中裕子さんが吉岡秀隆さんの手を握るだけなのに、何故こんなにドキドキするんだろうって。さすが女優さんですね。

徳島県/40代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました