ニキータのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

ニキータ

作品名 ニキータ
監督 リュック・ベッソン
主演 アンヌ・パリロー
公開時期 1991年1月26日
あらすじ ニキータと名乗る少女が、政府に雇われる暗殺者として訓練を受け、任務をこなしていくまでを描いたフランス映画。裏の仕事を淡々と進めていくニキータだが、街のスーパーで店員として働くマルコと恋仲になる。ある夜、任務の後始末で疲れ切ったニキータにマルコは、真実をすべて知っていることを打ち明けた。

 

この映画の見どころ

私は「レオン」が大好きなのですが、家人から「女版レオン」だと聞き、まず興味が湧きました。愛する人に身分を偽り裏社会で生きていかざるを得ない境遇の中、絶望感に苛まれながらも任務を遂行していく場面、裏を返せば愛する人を守ることになる…その葛藤の中で流す涙が切なく印象に残っています。

                                       静岡県/40代/女性

 

この作品の魅力は、少女が政府により暗殺者に育てられるという奇抜な設定にあります。しかもニキータはクールな女暗殺者として格好良く任務をこなしながらも、時に人間らしさが滲み出て感情を制御出来なくなるといった場面は心に刺さるものがありました。お陰でただアクションが爽快なだけでなく、ズシリと重い余韻が残る映画となっています。

 

千葉県/40代/男性

さらにレビューを読む
哀しき暗殺者、少女ニキータのフランス映画らしいどろっとした愛のお話し。陰惨な雰囲気が終始続きますがラストのその後を想像させる終わり方が個人的にホロリと来て好きです。ニキータの女としての教育係に私の大好きな大女優ジャンヌモローが出てます。その存在感、貫禄、素晴らしい!そこも注目して欲しいですっ。

京都府在住 30代 女性

さらにレビューを読む
今までの殺し屋の映画よりも、人間味が良く描かれている作品だと思います。殺し屋としての葛藤で悩むシーンは、弱々しくて殺し屋らしくないところが生々しかった。日本人はアメリカやロシアの諜報員の映画イメージが強いですが、それとはまったく違うので、斬新に感じる作品だと思います。少しクセがあるので、好き嫌いがハッキリすると思います。

沖縄県/40代/男性

さらにレビューを読む
主人公のニキータが、暗殺者としてしか生きられない状況に置かれ、葛藤しながらも、犯罪に手を染める姿がかわいそうで、感情移入しながら鑑賞しました。少女みたいな心なのに、人を殺す技術を教え込まれているアンバランスさ。ニキータに好きな人ができてからは、さらに切なくなりました。

東京都/40代/女性

さらにレビューを読む
麻薬中毒少女のニキータは、警察を射殺して無期懲役刑になりますが、その後、政府工作員として厳しい訓練が始まり、その次どうなるのかドキドキします。その後、工作員として内緒にしているけど恋仲になり、変化が激しいので目が離せないストーリーです。

神奈川県/40代/女性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました