ノートルダムの鐘のあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

ノートルダムの鐘

作品名 ノートルダムの鐘
監督 ゲイリー・トルースデール
カーク・ワイズ
主演 トム・ハルス
公開時期 1996年8月24日
あらすじ 醜い容姿を持つ心優しい青年カジモドが主人公。クロード判事の罪滅ぼしのために拾われ、鐘撞として生活するカジモド。いつものように街を見下ろして街へのあこがれを募らせる彼だが、ジプシーのエスメラルダと出会い、恋に落ちる。彼女への恋は報われないが、それをきっかけに街の住民たちとの友情を育み、やがて受け入れられるようになった。ディズニー・ルネサンスの中で発表され、その中でもシリアスな展開が異色を放っていた話題作。

 

この映画の見どころ

ディズニー映画とは思えない重い設定。主人公は醜く、ヒロインは被差別民族(悪い判事にセクハラされる)。小さな子供には難しいかもしれないけど、少し大きくなったらぜひ見てほしい名作。特に音楽が素晴らしい。観るとパリにノートルダムを観に行きたくなります。

 

京都府/30代/女性

 

大人向けのディズニー映画という感じがします。プリンセスやプリンスの多いディズニー映画ですが、この映画にはそのような登場人物はいなくて、差別や処刑などといった実際にありそうな展開が多くあります。主人公の恋が報われないのも珍しいストーリーじゃないかなと思いました。

 

兵庫県/20代/女性

 

さらにレビューを読む
この映画で1番好きなのは劇中に流れる音楽です。オープニングは壮大な音楽で、ジプシーのアジトで見つかったときは怪しげな音楽など楽しませてくれます。自分を卑下してフロローの言いなりだったカジモドが、最後に勇気を出してエスメラルダを助けるところがとても感動します。

静岡県/30代/女性

さらにレビューを読む
この映画にはファンタジーの世界ではなく現実の世界で起こりがちな欲望、邪悪さなど心が痛むシーンも多く描かれていますので、他のディズニー映画とは違う雰囲気でした。でも主役のカドモドが裏切りや酷い目にあった後でも人への優しさを失っていない姿には感動しました。また映画の中で流れる音楽は壮大で心に響きました。

沖縄/50代/女性

さらにレビューを読む
ノートルダム寺院が好きで,パリに行くと必ず見に行くので,タイトルにつられて観ました。育てられた環境の影響もあって精神的に成熟できていない青年が,外の世界に出ることによって成長していくのが良かったです。何より,ノートルダム寺院はやはり美しいということを実感しました。

愛知県/40代/女性

さらにレビューを読む
ディズニーの悪役の中で、「ノートルダムの鐘」のフロローが特に印象に残っています。一番人間臭く、嫉妬の炎に身を焦がすところがインパクトがあります。エスメラルダへの欲望もリアルで、少し気持ちが悪く嫌悪感を覚えました。しかしながら、フロローにはファンも多く、愛されてもいます。

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました