踊る大走査線THE MOVIEのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

踊る大走査線THE MOVIE

作品名 踊る大走査線THE MOVIE
監督 本広克行
主演 織田裕二
公開時期 1998年10月31日
あらすじ 人気テレビドラマ「踊る大捜査線」の劇場版。川から引き揚げられた水死体の胃からぬいぐるみが出てきたことから、事件は複雑さを増していく。また、同時期に警視庁副総監の誘拐事件、湾岸署内での窃盗事件が起こる。いくつもの事件が絡み合い、陰謀の影が少しづつ広がっていく。

 

この映画の見どころ

どの登場人物も個性的で好きなのですが、特に好きなのがいかりや長介さん演じる和久平八郎です。いつもは飄々としているけど時に熱い和久は私にとって理想的な大人の男です。また、この映画で描かれるノンキャリアの和久とキャリアの吉田副総監との関係がとても好きです。

 

茨城県/30代/男性

暇だから何か映画やドラマ何か観たいな〜って方!絶対損はしません!登場人物は皆魅力的です。90年代の織田裕二さん演じる青島くん、実はあんまり強くないすみれさんが素敵!ストーリーもよく練られていていわゆるドラマの延長程度の映画もある中、一本の映画として満足できる作品です。

 

京都府在住 30代 女性

 

さらにレビューを読む
テレビドラマの踊る大捜査線の映画版ですが、馴染みの俳優さんたちが目白押しでいつもの如くテンポの良いストーリー展開でした。織田裕二や柳葉敏郎、いかりや長介など、豪華なメンバーで繰り広げられる湾岸署のドタバタ劇が最高に面白い。そのほか府警役として深津絵里や水野美紀などとの絡みなど笑えるシーンが多く楽しめました。神奈川県/40/女性

さらにレビューを読む
湾岸署内で同時に起きた3つの事件に振り回される青島刑事達の奮闘ぶりが描かれていて、ドキドキハラハラしながら見ました。そして力強く再起しようとする青島くんの姿には感動しました。また小泉今日子さんのサイコ的な演技と、いかりや長介さんの味のある演技がこの映画を盛り上げてくれていると思います。沖縄/50代/女性
さらにレビューを読む
大人気テレビドラマの映画ということで当時とても話題になったのを覚えています。今見てもストーリが非常に面白く、誰もが一度は聞いたことがある名言「事件は会議室で起こっているんじゃない現場で起こってるんだ」はこの作品で聞くことができます。主人公の青島と室井の立場の違いから生じる意見のぶつかり合いがこの作品の見どころだと思います。三重県/20代/男性

さらにレビューを読む
猟奇的な犯人役を演じられていた小泉今日子さんの演技は、未だに印象に残っています。それぐらい気味が悪く、気持ちが悪い。個人的にはそこが見応えがあると思っています。また色んな事件が作品内で起きて、交わっていくのですが、やはりオチをトリオが持って行くシーンも見逃せません。

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました