おもひでぽろぽろのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

おもひでぽろぽろ

作品名 おもひでぽろぽろ
監督 高畑勲
主演 今井美樹
公開時期 1991年7月20日
あらすじ 都内で働くOLタエ子は、休暇を取り義兄の親類の家に滞在する計画を立てる。滞在先に向かう列車の中で、自身の小学生の頃の回想に浸っていた。滞在する家の息子トシオをはじめとする田舎の人々や、彼らの暮らしに惹かれていくタエ子だったが、自身の中で一線を引いている自覚もあった。そんな中、トシオの祖母から永住を提案をされる。

 

この映画の見どころ

分数の割り算が出来なかったたえ子を姉や母がなじる所が印象的だった。大人はこういうものなのだと割り切って考えるが、たえ子はこれは、何故こうなのだろうと一度考えてしてしまうという性格。柳葉敏郎の演技は中々上手かったと思う。理想と現実は違う、生きるのにはある程度のあきらめも必要なのだと、自分探しをしている人に見てもらいたい映画。

 

東京都/20代/女性

 

時代は違っても大人になって見返すと色々ジーンときちゃう作品です。

ところどころクスッと笑えるシーンがあり、それも含めて大人になってから子供の頃を思い出すということに自分を重ねて観てしまいます。子供の頃は他ジブリ作品に比べて正直地味な印象があったのですが大人になると良さが分かる作品ですね。

 

京都府/30代/女性

 

さらにレビューを読む
子供の頃見た時には、全く面白さを感じなかったが、大人になってくると内容が分かって面白いです。子供には向かない作品だと思っています。この作品に出てくるパイナップルを皆で食べるシーンで、生まれて初めてパインの切り方を知りました。そのシーンを何故か今でも覚えてしまっています。

北海道/30代/男性

さらにレビューを読む
小学生の時に見た際はおもひでぽろぽろの良さがイマイチ分かりませんでした。でも大人になってから見てすごくいいなと思いました。中でも広田くんがタエ子に「雨の日と、曇りの日と、晴れと、どれが一番好き?」と聞くシーンが好きです。初恋を思い出すキュンとするシーンだなと思います。

大阪府/30代/女性

さらにレビューを読む
おもいでぽろぽろは、小さい頃に観た時は絵柄と内容からあまり好きではない作品でしたが、それでも花を摘むシーンは私もやってみたいなと強く思い、とても印象に残りました。大人になってから再び見ると、主人公が田舎暮らしの中で今と過去を振り返る感情の揺れ動きが理解できるようになりました。見るたびに印象が変わる作品です。

大阪府/30代/女性

さらにレビューを読む
ジブリらしからぬ現代的な設定ですが、昔懐かしい描写がリアルに表現されていており、当時の年代を過ごした方なら子供の頃にタイムスリップしたような感じ絶対ハマります。男子が女子をからかったり、普段無口な父に殴られる、熟すまで待ちきれずに食べたパイナップルが美味しくなったなど、作品を観ながら「こういうのあったあった!」と何度も呟いてしまいました。観終わった後は、心が暖かくなると同時に、もう二度と戻れないあの頃の事を想い、涙がポロリと溢れてしまいました。

奈良県/40代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました