パルプフィクションのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

パルプフィクション

作品名 パルプフィクション
監督 クエンティン・タランティーノ
主演 ジョン・トラボルタ
公開時期 1994年10月8日
あらすじ ひとつのギャングの中に存在する人々の短編ストーリ ー4つがオムニバス形式で流れていくスタイル。時間 軸や構成が密に入り組んでおり、解きほぐされ1つの 流れとなる。これまでにない型破りや作風と印象的な音楽が特徴的.強烈な個性を放つ唯一無二の作品。

 

この映画の見どころ

クエンティン・タランティーノらしいバイオレンスに溢れたとてつもなく格好良い映画です。映画冒頭のカップルの会話シーンからバシッとオープニングの音楽が流れるところでグッと心を掴まれます。私が特に気にいってるシーンはメインキャラクターのヴィンセントとミアによる謎のダンスです。病みつきになります。

埼玉県/30代/女性

音楽も、スピード感のある展開もすべて、「かっこよさ」のため、というスタイリッシュな映画だと思います。ストーリーが何かを深く考えさせるとか、感動するというより、流れている雰囲気やイメージが全編通して、クールで決まっている感じですね。ジョントラボルタと、ユマサーマンの、ダンスコンテストのシーンが印象的です。チャックベリーの「You Never Can Tell」という曲がまたニクい選曲でハマっていると思います。

 

東京都/40代/男性

さらにレビューを読む
結果を見せてから因果関係を紐解いていく「人生観察記」。風呂敷を広げるだけ広げてスター一人一人の見せ場やら日本刀やらサタデーナイトフィーバーのセルフパロディやらを詰め込みつつきっちりまとめ上げる監督の手腕には脱帽する。なかでも映画全体のリズムを完全に支配するサミュエル・L・ジャクソンの演技は圧巻! 大阪府/30代/ 男性
さらにレビューを読む
殺し屋2人が部屋に押しかけた時のシーンが、印象的でずっと頭に残っています。ふたりは入室した時からその場の空気を支配していているのですが、余裕綽々でハンバーガーを頬張るサミュエル・L・ジャクソンが何ともクール。本来はシリアスで怖いシーンですが、このポップさが、さすがタランティーノ作品だと思います。神奈川県/30代/男性

さらにレビューを読む
本作は、一見関係のないように見える人達の人生が少しずつ交差していく物語です。殺し屋を演じるジョン・トラボルタとその相棒が哲学的な会話を繰り広げるシーンが印象的でした。こういった何気ないシーンの俳優の演技と演出の空気づくりが本作の魅力になっています。群像劇が好きな人におすすめです。千葉県/20代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました