鉄道員(ぽっぽや)のあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

鉄道員(ぽっぽや)

作品名 鉄道員(ぽっぽや)
監督 降旗康男
主演 高倉健
公開時期 1999年6月5日
あらすじ 北海道道央にある、廃止寸前の幌舞駅。そこで駅長を務めていた佐藤乙松。彼もまた廃線と時期を同じくして、定年退職を目前にしていた。
我が子を亡くした日も、妻に先立たれた日も駅に立ち続けた、不器用で孤独な乙松の過去と、彼に訪れる小さな奇跡を淡々と味わい深く描いた作品。

 

この映画の見どころ

広末涼子さんと高倉健さんの言葉少なめの演技力、表情、冬の背景など全ての要素を合わせて切ない演出になっていました。浅田次郎さんの小説にはこうした登場人物の心模様うまく描かれた作品が多く、映画化された作品さえも心に染みてきました。やはり、生き様を見て静かに感動するものがありました。全ての世代に向けて見てほしいです。

 

大阪府40代女性

 

娘を失い妻も亡くなり、歳をとっても田舎の駅長として日々を過ごす主人公。その彼に、幼児、小学生、高校生と日毎に成長する姿を見せにきた娘。それが幻なのか分からぬまま、微かな幸福感に包まれながら、駅長は亡くなります。原作は浅田次郎の筆が光り、さらに亡くなった志村けんさんが、炭鉱の労働者役で酒を飲んで惨状を述べるシーンが良かったです。

新潟県/40代/男性

 

 

さらにレビューを読む
私が、やくざ映画の主人公ではない健さんを意識したのは「八甲田山」でしたが、これも嵌り役の軍人でありました。しかし、この「鉄道員(ぽっぽや)」は、やくざや軍人、「夜叉」で演じた引退やくざも凌駕した、一般市民が一つの仕事に殉じる姿を演じており、新たなるイメージを確立出来た健さんの代表作だと思います。
さらにレビューを読む
物語が終わってエンディングが流れるシーンが印象的でした。寂しげなメロディーが流れながら北の大地を鉄道がただ走っていくシーンは哀愁を感じさせます。高倉健の演技はすばらしく不愛想ながらも実直で勤勉な駅員の姿が印象的です。鉄道ファンの人におすすめの映画です。

栃木県/30代/男性

さらにレビューを読む
死を扱った感動ポルノが嫌いって人には受け付けない映画だと思います。自分は高倉健の演技にやられてボロボロ涙を流しました。ゆとり世代の自分としてはこの映画の全てを噛みしめる事は出来難しいですが泣けました。甘酒を飲むシーンや、死んだ娘が作った夕食を食べるシーン等々。飲食のシーンが何故だか自分は好きです。

神奈川県/20代/男性

さらにレビューを読む
映画の印象は、悲しいしなんだかスゴく切ないなと言うのが一番心に残っています。この役は、やはり高倉健さんだからピッタリできたように思います。印象に残っているシーンは、雪の中の駅で立っている高倉健さんです。もの悲しい感じがスゴく伝わってきます。

大阪/40代/女性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました