レザボアドッグスのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

レザボアドッグス

作品名 レザボアドッグス
監督 クエンティン・タランティーノ
主演 ハーヴェイ・カイテル
公開時期 1993年4月24日
あらすじ 互いに素性を知らない6人が、互いに色を冠したコードネームで呼び合い、ジョーとエディという親子が計画する宝石強盗を実行する。計画は成功するも、警察の素早い対応により負傷者を出してしまう。そこから一人が警察の囮作戦であることを見破り、6人は疑心暗鬼になる。裏切者は誰なのか、奪ったダイヤを最終的にだれが手にするのか。スリリングな展開が最後まで続く、サスペンスアクション。

 

この映画の見どころ

喫茶店での実にくだらない議論から名曲「Little Green Bag」をバックに黒いスーツで闊歩するシーンへとなだれ込むオープニングでもうハート鷲摑み。キャスト全員名演技だが、とりわけマイケル・マドセンは出てくるシーンすべてが鳥肌モノのカッコよさ!

 

大阪府/30代/男性

 

クエンティン・タランティーノの初監督作品として知られる作品です。そのセンセーショナルかつド派手なアクションシーン、過激なバイオレンスシーンなど、観る者に鮮烈な印象と心地よい驚きを与えます。テンポもよく、bgmもかっこよく、良い意味で頭を空っぽにして楽しめる娯楽作品です。

 

埼玉県/30代/女性

さらにレビューを読む
裏切者はだれなのか?個性的なキャラが勢ぞろいで、ユーモアを効かせながら暴力シーンが挟まれたりと、一度見たら忘れられないシーンが多いです。特に耳を切り落とす拷問シーンは楽し気な音楽が流れているのに残虐な描写がされていて、かなりの迫力があり、ファンからも評価が高いシーンです。

三重県/20代/男性

さらにレビューを読む
ヤクザ映画の中でも今でも古びず魅力的な映画の一つです。タランティーノが現れて、そこで辻褄が合っていく流れが昔ながらの映画です。銃で打たれて血まみれになるシーンも多く、誰か仲間内の中で警察がいる!と裏切り者を探すなど、ドキドキします。

神奈川県/40歳/女性

さらにレビューを読む
格好良くて、滑稽で、お洒落で、痛快な世界観はまさにタランティーノのエッセンスがぎゅっと詰まった映画で、ユーモア溢れる展開はギャング映画の雰囲気が苦手な人にも見やすい作品になっていると思います。映画ファンの間で観光名所にもなっているカフェの洒落の効いた会話はクールで面白く、何とも言えない中毒性が見るものを惹きつけます。映画全体を通してのストーリーや腹心に注目することで、より「レザボアドッグス」を楽しめると思います。

さらにレビューを読む
少し変わったアクション映画?の気がします。拳銃での撃ち合いや強盗シーンなどがあるのですが、いまいち物足りなさを感じてしまいます。ストーリー構成には不満点が多いですが、個別のシーンは面白いのでヤキモキします。回想シーンが連続するので、好き嫌いがハッキリする作品だと思います。

沖縄県/40代/男性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました