ショーシャンクの空にのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

ショーシャンクの空に

作品名 ショーシャンクの空に
監督 フランク・ダラボン
主演 ティム・ロビンス
公開時期 1995年6月3日
あらすじ エリート銀行員であるアンディは冤罪により、終身刑が決まる。ショーシャンク刑務所で服役されることになった彼は、ある切っ掛けから獄中で出会う調達屋レッドを始め、受刑者の中で一目置かれる存在となる。アンディは徐々に劣悪なショーシャンクの環境を変えていく。しかし親睦を深めた老人が仮釈放後の生活に馴染むことが出来ずに自殺してしまう。どんな環境でも希望を持ち続ける人間の強さを描いたヒューマンドラマ。

 

この映画の見どころ

名作と言われるだけの事はあります。脚本力のある映画で見応えは半端じゃないです。モーガンフリーマンの渋い演技、ティムロビンスの悲壮感は滅茶苦茶良いです。ラストのシーンは鳥肌が立つくらい素晴らしかった。社会人になってから見た方が胸にくる物があると思います。勧善懲悪では無いのがまた良いと思います。

 

神奈川県/20代/男

 

なんといってもラストシーンの爽快感がすばらしかったです。この作品は映画館上映時では観客が席を立って拍手喝采になったことで有名ですが、実際見たら納得です。運命にうちかっていく姿は本当に圧巻、親友との再開のシーンは涙なくしては見れないです。

 

東京都/30代/女性

スポイラーのタイトル
映画好きな私で色んな映画を見てきましたが、この映画が一番好きです。様々なテーマのストーリーが盛り込まれていて心の奥に残るとても良い映画です。特に好きなのは主役のアンディが苦労して脱獄した直後に月の光の下で喜びを表すシーンです。刑務所の中でのストーリーも脱獄した後のストーリーもすごく面白いです。

沖縄/50代/女性 

さらにレビューを読む
冤罪によって投獄された男の物語なのですが、主人公は厳しい刑務所生活でも決してあきらめることなく、最後まで希望を捨てずに最後の最後に計画を実行したシーンは震えました。他の囚人や刑務官との人間模様も見ごたえがあります。主人公が刑務所所長の節税を自身の知恵を使って手伝い報酬としてビールを与えられるのですが、誇らしげに主人公がビールを飲む姿がとても印象に残っています。

三重県/20代/男性

さらにレビューを読む
最初見たときには実話なのかと錯覚に落ち入るぐらい作り込まれている作品だと感じました。物語が進むにつれ、主人公とレッドが親交を深めていく工程が非常に面白いと思いますし、最後はかなり感動します。なので、感動を求めている方に見てもらいたい作品ですね。

北海道/30代/男性

さらにレビューを読む
この映画は、主人公のティム・ロビンス演じるアンディが冤罪で逮捕され、ショーシャンク刑務所に入れられてしまいながら、希望を失わずに脱獄するまでのストーリーが描かれています。どんな状況下でも希望を失わず、必死で生きて行こうとする主人公に感銘を受け、長時間の映画ながら一気見出来、圧倒される内容になっています。途中でモーツァルトのオペラ「手紙」が流れるシーンが印象的でした。 

沖縄県/50代/女性

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました