スモークのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

スモーク

作品名 スモーク
監督 ウェイン・ワン
主演 ハーヴェイ・カイテル
公開時期 1995年10月7日
あらすじ ブルックリンで煙草屋を開いているオーギーと、その常連客で小説家のベンジャミン、そして彼が自動車に轢かれそうになったのを助ける少年コールを主軸にした作品。スランプに陥っているベンジャミンが、毎朝オーギーが撮影している写真の中に亡き妻を見つけることから物語が始まる。各々が、自分の問題や過去に捉われながらも生き方を探していくヒューマンドラマ。

 

この映画の見どころ

人にはそれぞれの人生があり、また心に傷を負っていない人などいないということを作品を通して感じました。この映画で印象に残ったのは秀逸なラストシーンです。クレジットが流れる中でストーリーが展開され詳細は伏せますが感動しました。特に好きな映画の中の1本です。人生に疲れた社会人の方にオススメ。

 

宮城県/40代/男性

 

とにかく煙草の煙のようにカッコ良くて渋い映画です。セリフや映像がオシャレでした。ラストのクリスマスストーリーの話は奥が深く、良い話にも悪い話にもとれる所がこの映画の紙一重感を表しており、アンパランスでいて心地よいです。レイチェル・ポートマンの音楽も心地良くてこの映画を盛り立てています。

 

愛知県/30代/男性

さらにレビューを読む
エンディングで語られるエピソードが最高です。優しい嘘が必要なら、どれだけつかれても良いと思わされました。俳優は全員かっこよく、話、言葉の間が上手いと思いました。心がほっこり暖かい気持ちになりたい人におすすめです。

大阪府/20代/男性

さらにレビューを読む
登場人物の話す会話と、エピソードで出来上がっている作品。派手な出来事だったり伏線回収だったり、そういうのがないので不満を感じる方もいるのかもしれません。ですが私はこの映画を観て暖かい気持ちになれました。良い映画だと思います。煙草の煙のお話が、この作品を表しているのかも。

京都府/30代/女性

さらにレビューを読む
ポールオースターが好きで,短編を読んで良い話だと思ったので,映画を見ました。本のイメージをくずさない映像と,私好みの渋いおじさん方のお話に,人に優しいってどういうことなんだろうと考えさせられました。おじさん方の絡みの中に常にタバコの煙があるのがとても良い。ちょっと人生疲れたなという方にお勧めします。
さらにレビューを読む
不器用な人たちの、不器用な優しさが詰まった映画でした。オーギーが毎日構えているカメラ。そのカメラには、彼の優しさや後悔、すべてが詰まっているような気がしました。クリスマスの日。咄嗟の出来心から、盲目のおばあさんの孫のふりをして、ほんの小さな出来心からカメラを盗んでしまったのです。そのことで、彼は長い間心を傷めていたのかもしれません。全体にタバコこの煙が漂う、大人の優しい映画です。

北海道/40代/女性

 

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました