トータルリコールのあらすじ・監督・俳優・公開時期の詳細

トータルリコール

作品名 トータルリコール
監督 ポール・バーホーベン
主演 アーノルド・シュワルツェネッガー
公開時期 1990年12月1日
あらすじ 火星に植民地を築いた近未来が舞台。建設労働者であるクエイドは毎晩夢の中で火星を舞台にした夢にうなされている。火星に対する思いが日増しに大きくなっていくクエイドだが、妻のローリーは相手にしない。そんな中、列車内で見た記憶を売るというリコール社の広告を目にする。クエイドは火星を旅行する記憶を体験しようと、同僚ハリーと共にリコール社へ赴く。壮大な陰謀が渦巻くSFドラマ。

 

この映画の見どころ・みんなのレビュー

現実と空想の違いが分からなくなる作品で、途中で人を信じられなくなります。火星と近未来を感じる世界観が、当時ワクワクしながら見ていました。後半からのド派手なアクションシーンが有名ですが、個人的には前半のストーリーが好きでした。

沖縄県/40代/男性

記憶を売るリコール社で火星の記憶を買ったクエイドは、トラブルにより実は今までの記憶が偽物の記憶だと知ります。火星での抗争に巻き込まれ本物の記憶を求め火星へ行くクエイドは様々な記憶に振り回されます。二転三転する記憶、どれが本物の記憶なのか?最後にクエイドが選択を迫られ、選ぶシーンがとても印象的でした。

 

鹿児島県/49/ 女性

 

 

さらにレビューを読む
なんといっても、SFとサスペンスが融合しているところが好きでした。
平和に暮らしていたと思っていた記憶は、実は作り上げられた嘘の記憶だったら、という起こり得ないと思いながらもドキドキしながら観ました。また、舞台が火星というのも当時ではかなり斬新な設定でした。
さらにレビューを読む
アーノルド・シュワルツェネガーのアクション、そして肉体美はさることながら、火星に移り住んだり、記憶を植え付けることができるようになった未来の人間の科学力がどのような弊害を生むのかまで考えさせられる映画でした。
さらにレビューを読む
今でも汚いおばちゃんの中から出てくるシュワちゃんのシーンと宇宙空間に出てしまった時の目が飛び出てくるシーンが衝撃的過ぎて覚えています。マジで宇宙ヤバイなっと感じさせてくれる作品です。火星の話なので、今見ると妙なリアル感がありますよ。北海道/30代/男性
さらにレビューを読む
映画の世界観や作画の作り込みがものすごく丁寧な感じを受けました。近未来映画を好む方々には非常に興味を惹かれる出来栄えだと思います。ストーリーに関しては正直なところ少し物足りなさを感じました。もう少し悪役の存在感を目立たせてくれると面白さも増したと思います。

あなたはこの映画をどう思いましたか??

下のコメント欄にこの映画の好きな所、見どころ(演技やストーリー、必見のシーンなど)を気軽に書いてください!

映画好きのあなたならではのマニアックな意見も気兼ねなくどうぞ!

※ただし批評はOKですが作品や出演者に関する誹謗中傷はこちら側で削除する場合があります。

この映画の感想を気軽に書きこんでください 見どころやマニアックな視点での意見大歓迎です!!

タイトルとURLをコピーしました